2021年度最新情報



ホームページがリニューアルして移転致しました。
新アドレスはhttps://softball-niigatacity.com/です。

QRコードはこちらです。

よろしくお願いいたします。




             




        お問い合わせ 

事務局 三保 日出男

メールアドレス miho3@nb.ncv.jp




日 付
内 容
4月28日 新潟県高等学校春季地区体育大会下越・新潟地区ソフトボール大会の結果

4月26日 第37回新潟県中学校春季選抜大会の結果

4月17日 春季新潟市近郷中学校ソフトボール大会中止

4月9日 トップページ、大会要項アップしました。

1月27日
市協会総会開催、2021年度事業計画、会議日程、役員名簿アップしました。




2021.4.28

高校女子春下越新潟地区大会
4チームリーグで1位は新商

4月24日・25日(土・日)、みどりと森の運動公園多目的グラウンドで「令和3年度新潟県高等学校春季地区体育大会下越・新潟地区ソフトボール大会」が開催されました。
女子の部は、学校単独チーム3、合同チーム1の4チームのリーグ戦を行いました。結果は新潟商業高校が優勝でした。詳細は、大会結果をご覧ください。
男子の部は、文理高校1チームで、試合はありませんでした。
新潟市協会は、審判員を派遣するとともに、記録員が研修のために自主参加しました。参加チームが少なく寂しさもありましたが、天候に恵まれ、今年初めての公式大会を楽しみました。

大会結果のページはこちら


2021.4.26

中学校春の選抜大会開催
優勝坂井輪中 準優勝山潟中
           3位に木戸中入る

4月24日(土)、上越市の清里スポーツ公園を会場に、第37回新潟県中学校春季選抜ソフトボール大会が開催されました。晴天のもと、昨年度実施できなかった悔しさを撥ね返すように、はつらつとしたプレーが展開されました。
新潟地区の予選を兼ねた17日の「近郷春季大会」が雨天のために中止となったため、代表校は抽選で選抜されました。坂井輪中、木戸中、山潟中、東石山中、下山・石山合同の5チームです。
新潟地区代表校同士の決勝戦となり、結果は、坂井輪中が優勝、山潟中が準優勝でした。3位に木戸中が入り、新潟地区チーム大活躍の大会結果でした。

大会結果のページはこちら


2021.4.17

去年はコロナ、今年は雨
春季新潟市近郷中学校ソフトボール大会中止
抽選で選抜大会代表校選出

 今年度最初の公式大会となるはずだった「春季新潟市近郷中学校ソフトボール大会」(4月17日開催予定)が、雨天のために中止となりました。予備日にしていた翌日の天候も回復する見込みが立たないためです。昨年度は「新型コロナウイルス」で中止になったこの大会は、今年は雨に開催を阻まれました。
この大会は県選抜大会の地区予選を兼ねているため、同日午前9時から新潟東石山中学校で、参加校による抽選を行い、代表校を決めました。東石山中、下山中、木戸中、山潟中、坂井輪中の5校が新潟地区の代表校です。県選抜大会は、4月24日上越で行われる予定です。


2021.4.9

いよいよシーズンスタート
まずは春季新潟市近郷中学校大会
4月17日(土)〔予備18日(日)〕東石山中グラウンド

新型コロナの影はなかなか消えませんが、いよいよ ソフトボールの新しいシーズンが始まります。今年の最初の大会は、春季近郷中学校ソフトボール大会。4月17日(土)〔予備日は18日〕、東石山中学校グラウンドです。昨年中止になったこの大会を今年は成功させて、今年一年を幸先よくスタートさせたいと思います。
要項は要項のページをご覧ください

2021.4.9

新潟市春季市民総合体育祭 今年は実施
ソフトボール大会男子の部を開催予定

昨年中止となった新潟市春季総合体育祭が、今年は実施されることになりました。ソフトボール大会男子の部も、例年通り開催する予定です。
開催日時は、予選リーグが5月2日(日)、決勝トーナメントが5月9日(日)、会場は新潟市みどりと森の運動公園多目的グラウンドです。(予備日は5月30日(日)南浜運動広場)たくさんのチームからの参加を期待しています。
要項・申込書などは要項のページをご覧ください。

2021.4.9

今年から大会申し込みをメールで受け付け
登録チームへの要項などの文書配布も可能な限りメールで行います。メールでのやり取りはできない場合は、もちろん郵便でお送りします。経費と手間の節約のためです。ご理解ください。



1月27日
2021年度の事業計画など承認
市協会総会開催される
ソフトボール愛好者拡大に向けて要望意見

1月13日(水)午後6時30分から、新潟市東総合スポーツセンター研修室において、新潟市ソフトボール協会2020年度総会が開催されました。参加者は20人、委任が22でした。(写真)理事長から2020年度の活動報告と2021年度の事業計画が、また、会計から決算と予算が提案され、それぞれ承認されました。
2020年度は、新型コロナウィルスの影響で主な事業が大幅に縮小されました。そのため会計も例年に比べて縮小した決算となりました。また、2021年度は、新型コロナウィルスの行く末が不明ですが、平常通り活動できるという前提で提案されています。春季新潟市民総合体育祭ソフトボール大会男子の部の予備日が設定されていないことへの質問があり、会場を替えて設定することとしました。(「事業計画」のページ参照
今年度は役員交代の年度ではありませんが、監事の高橋氏から高齢であるために継続困難との申し出があり、土屋千鶴氏に交代する提案があり、承認されました。なお、高橋氏からは理事として協会の役員を続けていただきます。
参加者した会員から、ソフトボールの愛好者拡大が緊急の課題であるとの意見が出されました。協会として、ASOボールや6人制のソフトボールなどの情報収集に努め、可能な限り具体化することを通して、小児や小学生からの愛好者拡大に努める方向で確認しました。


2020年度総会

1月27日
清水前会長に日ソより功労賞
相馬会長から手渡される

総会の中で、清水光明前市協会会長(現顧問)への日本ソフトボール協会からの功労賞が、相馬会長から渡されました。清水氏は、「なお一層ソフトボールにかかわり頑張りたい。」と力強い言葉がありました。(写真)

     清水氏へ功労賞授与         喜びを語る清水氏

inserted by FC2 system